「海とろめし」川柳